住友生命が日本生命、第一生命を抜き去って取得

住友生命が「SAS70タイプII」を取得 国内業界で初という記事より。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070424-00000006-fsi-bus_all

住友生命保険が「SAS70タイプII」を先月30日付で取得したそうです。

なんのこっちゃよくわかりませんが、「SAS70タイプII」とは企業年金の運用業務などで内部統制が十分に行われていることを証明する認証だそうで、国内の生命保険では初なんだとか。

記事の説明によると
 SAS70は米国公認会計士協会(AICPA)が定めた認証制度で、企業の内部統制強化を義務づけた米国のSOX法に対応した企業年金の運用体制の実施を証明する認証。米国企業や米国市場に上場している日本企業の企業年金を受託する際に重要視されている。
ということで、企業年金がきちんと運用されているかどうかを見るものみたいですね。

しかも、タイプIIは、タイプIよりも厳しいものらしく、単に内部統制があるだけではなくって、その内部統制システムがきちんと運用されているかどうかを評価するものらしいです。

タイプIは、これまで日本生命保険や第一生命保険が取得していたらしいのですが、住友生命保険はこれで一気に抜き去った形になりました。

うまくアピールして、顧客獲得になるといいですね。

自動車保険・生命保険・学資保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。