ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険対応のため金融庁に新部署設立

「ゆうちょ」「かんぽ」新設専門部署で監督 金融庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000011-san-bus_all

2007年10月から郵政が民営化されますが、それにともなって「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」の監督が総務省から金融庁移ります。
このため金融庁では、新たに専門部署を設けるようです。

新部署の名前は明らかではありませんが、課長級の参事官をトップとする定数12人の新部署を設け、うち2人程度は総務省からの人員を受け入れるということだそうです。

ゆうちょ銀行は発足すると、総資産額において現在業界トップの三菱UFJフィナンシャル・グループを抜き、総資産約226兆円で世界最大の銀行になるらしいので、やはり特別な部署が必要なようです。

ちなみに、民営化後の郵政グループは、持株会社として一番上に日本郵政株式会社が君臨し、その下に、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険が来るそうです。
あと、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構というのも傘下企業(?)としてあります。

自動車保険・生命保険・学資保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。