かんぽ生命保険が保険加入限度額を引き上げて巻き返しをはかる

簡保生命保険の累計加入限度額が2000万円に引き上げられそうです。
簡保生命保険の進藤丈介会長がインタビューに応じたところに夜と、新規契約件数が減少しているとのことで、年度内に認可を申請して、来年度から導入する構えです。
現在は、原則1000万円が加入限度額となっていますが、追加枠を1000万円に拡大して、合わせて2000万円とするのです。

このほかには、 普通養老保険の加入年齢の上限を現行の70歳から75歳に引き上げることや、普通終身保険の一部の加入年齢の下限を現行の20歳から18歳に引き下げること、病気やケガによる入院時の保険金支払いの条件を、従来の「5日以上の入院」から「1日以上の入院」に緩和することなども合わせて認可を求めています。

簡保生命保険の新規契約件数は、直近のピークの1998年度が直近のピークで、約665万件ありまsちあが、2006年度は約238万件に減少していたのでした。



かんぽ生命保険 保険加入限度額を2千万円に引き上げ方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000004-maip-bus_all

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。