自賠責保険の目的

自賠責保険の受付窓口には、民間の揖保会社、JA(農協)、全労災などがあります。強制保険制度である自賠責保険は全国民に影響を与える社会保障制度でしょう。現代社会では、自動車をはじめバイクなどは必要不可欠なものなので、だれもが自賠責保険のお世話になる可能性が非常に高いですね。そういう意味では、国民全体の為の保険制度であるわけです。
自賠責保険はたしかに自動車を運転する側にの負担を負わせるような強制保険制度でではありますが、自賠責保険の本来の目的は、被害者の保護をはか、同時に自動車運送の健全な発達に資するということですから、ひじょうにすばらしい制度なのです。
なので、自賠責保険の強制保険としての実効性を担保されなくてはなりません。どのように担保しているかというと、まず、自賠責保険証明書の備付け義務があります。それから、自賠責保険期間が切れている場合には道路運送車両法の登録や検査などを受けることができないのです。また保険標章の表示義務もありますね。このようにして自賠責保険の加入をドライバーに促しているわけです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。