自賠責保険の合理性

自賠責保険とはどんなものでしょうか。自賠責保険については、自動車損害賠償保障法に詳細に規定されています。それによると、自賠責保険は強制保険制度です。自賠責保険が制定された理由は、自動車を運転する者の責任を強化すること、それから強制的な保険制度にすることによって、自動車事故などで被害を受けた人への経済的な救済を目的としているのです。
自賠責保険への加入が義務化されるまでは、自動車保険への加入者は、2割程度しかいませんでした。恐るべきことです。こうした強制的な保険制度は、本当のことを言えば、契約の自由を制限するものではありますが、現在まで存続しているのは、この保険制度が合理的だからです。素晴らしいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。