傷害保険料5%下げ、国内旅行も15%だって!

傷害保険の保険料が改定されましたね。
傷害保険の保険料の全面改定は9年ぶりだそうです。
まず、第一に職種別に保険料が決まるという普通の傷害保険の場合ですが、これは一部を除いて引下げられます。
平均では約5%の引き下げということになるそうですね。
それから、第二に、職業にかかわらず、保険料が同じである傷害保険、すなわち国内旅行の傷害保険ですが、これはおよそ15%程度の値下げということになって大きな引き下げですね。
なぜこんなに引下げられるのかというと、けがの発生率が少なくなったからだそうですよ。
なぜ、怪我が少なくなったのか。
それは、旅行先の施設で安全対策が強化されているかららしいです。
それで怪我の発生率が下がり、その発生率が保険料を決定するメインの基準だということで、保険料が下がったらしいですね。
素晴らしいです。
傷害保険の保険料の値下げは、東京海上日動火災保険がまず実施します。
8月からですね。
それで、東京海上日動火災保険に追随する形で、他の保険会社も値下げに踏み切るようです。
関係ないですが、今話題の大谷允保さんも傷害保険に加入しているのでしょうか。
だったら、喜んでいるでしょうね。

損保各社が傷害保険料5%下げ、国内旅行も15%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000101-yom-bus_all

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。