自動車保険の不払い防止につながるか?

車両保険訴訟で、最高裁がバランスのとれた判断をしたという話です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000045-mai-soci

私は自動車に乗らないので(ペーパードライバーですが)、こういう世界があるとは知りませんでした。
将来は大金を儲けて高級外車を買う予定なので参考にしたいです(笑)

自動車が盗まれた場合、それが故意かどうかってことが問題だったようです。
つまり、自分で盗んで、保険金を請求するというパターンがあるわけですね。

それで従来は、ユーザーが「自分は盗んでいない!」ってことを立証しないとなかなか保険級の請求を認めてくれなかったそうです。

でもそれって、難しいですよね。
自分が犯罪をしたっていう立証は簡単ですが、していないっていうのを証明するのはなかなか大変です。

そこで、今回の裁判では「自分は盗んでない!」ってことを証明する責任はユーザーにはないってことを明確にいったらしいです。

ただし、ユーザーは「誰か知らない奴に盗まれた!」ってことは立証する責任があるみたいですね。

そして、保険会社は保険金を払いたくなければ、「ユーザーが盗難に加担したのだ!」ってことを立証する必要があるらしいです。

ということで、どちらにもある程度立証責任を課したということで、バランスがとれているらしいです。
保険金詐欺も防げるし、不払いもふせげるだろうということで。

実際にそんなにうまくいくかどうかは知りませんが(笑)

自動車保険・生命保険・学資保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。