保険金不払い、やはり巨額だった

保険金不払い問題の調査結果が出ました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000000-maip-bus_all

生命保険38社は2007年4月13日に金融庁に01〜05年度の5年間を対象とした保険金の不払い調査の結果を報告しましたね。

不払いなしと報告したのはカーディフ生命保険です。
すごい! 優秀ですね。

で、その他37社では計約25万件、総額約290億円!

何だかなあという感じです。

これでまだ調査は未完了なのですから、今後はもっと多くなるでしょう。

消費者として注目したいのは、
契約者は、入院時に給付金を受け取れる入院特約と、退院後の通院費を保障する通院特約の両方に入っているのが一般的だが、通院特約は請求し損なうことが多く、これが大量不払いの原因となった。中にはこうした契約の半数に不払いの可能性がある生保もあり、件数、金額は今後増えるのは確実。
ってとこですね。

退院したらもう終わりってわけではないのですよ。
きちんと通院の分ももらわないといけないです。
なんか日本人の感覚として、そこまでするのはがめついという感じがあるのでしょうが、これは契約ですからね。

横山進一・住友生命社長、石原邦夫・東京海上日動火災保険社長、斎藤勝利・第一生命社長、松尾憲治・明治安田生命社長、岡本国衛・日本生命社長なんかが会見で謝ったそうです。

37の生命保険会社すべての名称を知りたかったのですが、どこに書いてあるのかよく分かりませんでした。
紙の新聞を見れば書いてあるかな。

自動車保険・生命保険・学資保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。